社会ニュース 2016年5月

ゴールデンバーグ・ミャンマー・タイムズでは、サイトの記事が更新される毎に、メールアドレスを登録された方に、

サイト記事更新のお知らせのメールマガジンを配信致します。

ご希望の方は、横のフォームから登録をお願い致します。


■熱心に学ぶ…ミャンマー医師トゥンさんの国循研修スタート 20160512

 国内外の重い心臓病の子供を救う「明美ちゃん基金」(産経新聞社提唱)によるミャンマー医療支援事業で来日した、リューリュー・トゥン医師(45)が6日、大阪府吹田市の国立循環器病研究センターで研修を始めた。

トゥンさんは「たくさん学ぶべきことがある。

2カ月半の間、研修に励みたい」と話した。

 トゥンさんはこの日午前、同センター輸血管理室で、臨床検査技師の角谷勇実さんから血液型判定法などの説明を受けた。

さらに午後からは、宮田茂樹医長が同センターが開発したコンピューターによる輸血管理システムなどを講義。

トゥンさんは、それぞれの場面で、輸血に関する機器やシステムの扱い方などについて熱心に聞いていた。 産経WEST

■【井上和彦が斬る!#29】語られざるミャンマーと日本の交流秘話[桜H28/4/19] 20160501

日本人の誇りを胸に自衛隊を応援し、国防の真実を伝えるために、ひたすら奮闘し続けて­きた井上和彦が、さらに縦横無尽かつ大胆に、安全保障を理解するためのポイントを解き­明かしていきます!

今回お送りするのは、井上和彦が独自の視点や取材を元に、我が国の国防のあり方や、日­本人が知るべき歴史の真実について解説する「安全保障講座」。 アウンサンスーチー氏も要職に就いた新政権の発足を迎える中、親日国・ミャンマーを訪­れた井上和彦が、同国の独立に多大な貢献をした鈴木敬司大佐率いる「南機関」の存在な­どに触れながら、日本とミャンマーが共に歩んだ歴史と今後についてお伝えします。


■「自分の創作物には、ミャンマーも難民もいらない」 難民出身のデザイナー・渋谷ザニーさんに聞く 20160501

東京を拠点に活躍するファッション・デザイナーの渋谷ザニーさん(31)は、ミャンマー難民出身だ。

きらびやかな世界で活躍する渋谷さんは、日本人が「難民」と聞いて一般的に思い浮かべるイメージとは異なっているかもしれない。

渋谷さんは3月、ハフポスト日本版のインタビューに応じ、「自分のクリエーションや表現力、そこにはミャンマーもいらなければ、難民もいりません」と語った。

渋谷さんの父は、かつてミャンマーで民主化運動をしていたが、1988年の軍事クーデター後、弾圧を逃れて日本へ渡った。

その5年後、渋谷さんは8歳の時に母とともに難民として来日した。 HUFF POST

■ミャンマーの電力整備計画難航 住民ら反対運動、新政権の政策が鍵 20160501

ミャンマーは電力整備計画が難航している。

電気普及率(世帯ベース)が3割程度の同国は経済成長に向けて電力増強が不可欠とされているが、発電所建設予定地の反対運動などで大規模事業が進まず、政府が策定した電力計画の実現が危ぶまれている。

 同国政府によると、ミャンマーは電源となる天然資源が豊富で、水力発電の潜在容量が1億800万キロワットとされるほか、各資源の確認済み埋蔵量は石炭が7億1100万トン、天然ガスが3341億立方メートル、石油が4億5900万バレルとなっている。

 また、再生可能エネルギーの潜在発電量も風力が年3651億キロワット時、太陽エネルギーが51兆9730億キロワット時とされる。

政府はこれらを活用して2030年までに容量2400万キロワットの確保と普及率100%の達成を目指している。 SankeiBiz

■ドコモ ミャンマーほか11か国が海外パケット定額サービスの対象国に 20160501

あんしんして海外でのパケット通信をご利用いただける海外パケット定額サービス「海外1dayパケ」「海外パケ・ホーダイ」に、対象となる国・地域が追加されることになりました。

追加となるのは、商用・観光で渡航者が増加しているミャンマーをはじめとする11の国・地域で、「海外1dayパケ」は日本時間2016年4月26日午前10時より、「海外パケ・ホーダイ」は日本時間2016年4月26日午前0時よりご利用いただけます。 ドコモ

■ミャンマーでコスプレの祭典、若者たちが表現の自由を満喫 20160501

今週末ミャンマーで開かれたコスプレの祭典は、紫色の髪の王女やオオカミ、メイド服で着飾った愛好家らを一堂に集めた。

世界的にブームを巻き起こしてきたコスプレは、ミャンマーでも着実にカルトファンを増やしている。

 この催しは最大都市ヤンゴンで2日間開かれ、数百人規模の来場者は歌のコンテストに参加したり、カラフルな衣装や凝ったメイク、奇抜なヘアスタイルで憧れのキャラクターになりきった愛好家同士の交流を楽しんだ。

その派手な衣装の多くは隣国タイや中国からの輸入品だが、手作りの衣装やこのイベントに合わせた特注品もある。 時事コム